底地とは

底地とは

底地とは、借地権がついている土地のことをいいます。

借地権とは、建物の所有を目的として、その土地を第三者から借りる権利のことをいいます。
地主が土地を貸し、借地人がその土地の上に建物を建てる等して所有しているという形になります。

底地は、借地権がついていることで、権利が制限されるようになっています。

土地そのものは地主の所有物ですが、上に土地を借りて利用している人がいる限り、その人の持っている権利(借地権)を無視して、土地を利用することはできないのです。

1つの土地に対して、地主と借地人の両社の権利が入り交じっているため、権利関係が非常に複雑です。

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © 全国借地権協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.