借地権とは

「借地権」とは?

借地権とは、分かりやすくいうと
第三者の土地を借りて、その土地に自己所有の建物を建てる」ということです。
その第三者から土地を借りる権利を借地権といいます。つまり、第三者(地主)と契約を結び地代を払う形になります。
しかし、建物は自分のものですが、その下の土地は他人のもの。
地代の発生や建物賃貸借契約上・借地借家法上で地主との間にどうしても様々な制約が発生してしまいます。
また、売却する際も、所有権に比べ土地を借りるだけの権利なので資産価値は低くなってしまうのです。
このように借地権者にとって不都合なことが多く、たくさんの借地権者が悩みを抱えているのが現状です。

【旧借地権と新法借地権】

現在、借地権には2種類あり、旧法借地権平成4年に制定された新法とで区別されています。
旧借地権においては、借地権者側の立場を守る意味合いが強く、地主側との間にトラブルが多く発生していました。

次第に借地権の取り引き自体が少なくなってきたため、 双方の便宜をはかる為に改正したのが新法です。

しかし、旧借地権で契約したものは、更新などでも新法に自動的に切り替わることがない為、今現在でも旧借地権での契約が多く、旧法と新法が混在している状況になっています。

旧借地権から新法に切り替えるには、契約自体を新たに取り交わさなければならないため、旧借地権の契約状況には注意が必要です。旧法と新法のどちらの契約になっているのか、きちんと確認しましょう。

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © 全国借地権協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.